のび吉が柿の木の根元に宝を埋めた日

1910年(明治43年)のこの日、のび太のおじいさんのお父さんであるのび吉が子孫の身を案じ、柿の木の根元に宝を埋めた。その宝とは…? (33巻「ハリーのしっぽ」)

このおはなしの出典をみる