花火の日

1733年(享保18年)のこの日、隅田川の両国橋付近で水神祭りの川開きが行われ、慰霊を兼ねた花火が打ち上げられた。

火山の噴火におびえる石器時代の人たちを安心させるために、ドラえもんは「オートマチック花火」を打ち上げた。
(大長編9巻「のび太の日本誕生」)

このおはなしの出典をみる