ドラえもんチャンネル

どこでもドア
2019.04.05
4/5(金)よる7時からの「ドラえもん」は
アニメ放送40周年特別企画!
「ゆめの町、ノビタランド」と
「ドラえもんをのぞいちゃえ!」
終了


1979年4/2放送の記念すべき第1話が新作としてリメイク!!
「ゆめの町、ノビタランド」
家の中でローラースケートの練習をしていたのび太は、ふすまにぶつかって、そのまま居間(いま)に倒れこみ、ママに「外で遊びなさい」とおこられてしまう。しかたなく外に出るが、車があぶなくて練習もできない。

その後、しずかやスネ夫とドッジボールでもしようと、いつもの空き地へと向かうが、近くで行われる工事の材料置き場になっていて、立ち入り禁止(きんし)になっていた…。

しかたなく家に帰ったのび太は、「いつ、どこで、何をしても、だれにも何も言われない、ボクだけの町、自由な世界がほしいなぁ」となげく。それを聞いたドラえもんは、「じゃあ、作ろう!」と言い、『インスタントミニチュアせいぞうカメラ』を取り出す。このカメラで写すと、なんとカメラから本物そっくりのミニチュアが出てくるというのだ。

二人はさっそく、いろいろなお店や建物、公園などを写してミニチュアを作り、自分たちだけのゆめの町“ノビタランド”を作る。そして、みんなもさそい、『ガリバートンネル』で小さくなって遊ぶことにするが…!?
(「ゆめの町、ノビタランド」てんとう虫コミックス第3巻より)


「ドラえもんをのぞいちゃえ!」
今日ものび太の部屋でケンカをするドラえもんとのび太。その様子を22世紀からテレビモニターで見ているセワシとドラミ。セワシは、ちゃんとのび太の世話をできていないドラえもんを22世紀に連れ戻した方がいいのでは…と考えていたのだ。だが、ドラミに「ああ見えて、仲はいいのよ」と言われ、しばらくドラえもんの様子を観察することにする。

別の日の朝、ちこくしそうなのび太を送り出すと、のんびりテレビのワイドショーを見たり、和菓子屋さんの特売のチラシを見て大よろこびしたりと、平和な時間をすごすドラえもん。そこへ、未来デパートのセールスロボが、新商品のカタログを持ってくる。

その後、帰ってきたのび太がカタログを見ながら、つい『バタバタフライ』を「ほしい」と言ったところ、バタバタフライがとどいてしまった! すでに同じものを持っていたドラえもんはおこり出すが、のび太は気にせず、バタバタフライを手にしずかのところに遊びに行ってしまう。

一方のドラえもんは、ミィちゃんにさそわれて屋根の家でデートすることに。その様子を見たセワシは…!?

どこでもドア
ドラえもんチャンネル