ドラえもんチャンネル

2022.09.15
メインプログラムのモチーフは「ドラえもん」!!
六本木の街を舞台にしたアートの饗宴
2022年9月17日〜19日
「六本木アートナイト2022」
いよいよ開催!
終了

©2022 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
©MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

【開催期間】2022年9月17日(土)〜9月19日(月・祝)
【開催時間】10:00〜22:00(※19日のみ18:00まで)
【開催場所】六本木ヒルズ、森美術館、サントリー美術館、21_21 DESGIN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
【入場料/視聴料】無料(※但し、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)

※一部、開催時間の異なる会場があります。
※今回は、新型コロナウイルス感染症対策として、「密」を避けるために従来のオールナイトでの開催はいたしません。開催日程も3日間に拡大し、一部先行展示を行うなど、観客集中の緩和と鑑賞機会の分散に努めて開催いたします。

六本木アートナイト2022テーマ
マジカル大冒険 この街で、アートの不思議を探せ


六本木に、世界中からさまざまなアートが集まります。スペシャルな「ドラえもん」を使った現代美術作品、街中に点在するインスタレーション作品、映像やパフォーマンスに加えて、デジタルで楽しめるアートナイト・デジタル(RAN TV)でも多くの映像作品、演劇、トーク・プログラムなどを発信します。 アートの魔法がかけられたこの街は、不思議が溢れるマジカルな世界に変わります。アートの不思議を探す冒険に出れば、驚きと感動を与えてくれる発見があるでしょう。 「ドラえもん」と一緒に、マジカル大冒険をお楽しみください。

六本木アートナイト2022年のメインプログラムアーティストは、世界を舞台に活躍し日本を代表する現代アーティストである村上隆さん!

村上隆さんが選んだモチーフは「ドラえもん」!!


村上さん曰く「20世紀、日本が生んだ最大のポップアイコン」である「ドラえもん」を生み出したアーティスト藤子・F・不二雄先生と、アーティスト村上隆さんのコラボレーションとして、近年数々の作品を生み出してきました。六本木アートナイトでは、過去最大級のバルーン作品を制作予定です。 村上さんがキュレーションした12組のアーティストも同様に「ドラえもん」に挑み新作を制作します。

【メインプログラム・アーティスト 村上隆さんコメント】
六本木アートナイトは、都合3回、スケジュールを変えました。コロナ禍が発生した直後と、東京都への緊急事態宣言発令による2回。今回が4回目の正直となる訳ですけれども、いよいよ、2年半の時を経て、私、村上隆によるキュレーションで『ドラえもん』と、13名のアーチスト達とのコラボレーションをしたバルーンの展示が行われます。
コロナ禍は、在宅で行き場のないモヤモヤを抱えた人々を大量に生み出し、全世界的に、ゲームやネットへの依存を 助⻑させました。その流れで、日本のコンテンツ、特に漫画やアニメに触れる機会が格段に増え、理解も深まったと思 います。中でも『ドラえもん』は、日本とアジアにおいて、とても重要なコンテンツです。主人公がイケてなくて、モジモジしていて、それを助ける耳の無いネコ型ロボットがいて、しかし、そのモジモジ君の問題が解決されることはない。けれども、取り 敢えず、笑って生きていこう...。そういう、この作品の持つ、ある意味 “ドリームズカムトゥルー”と真逆の人生哲学が、いま、アジアの人々の心により強く沁み込んでいるのではないか。言うなれば、『ドラえもん』はアメリカのミッキーマウス 的な 、アジアのアイコン的なキャラクターです。ゆえに、僕も日本の象徴として、これまでもコラボレーションさせて頂いてきましたが、今回は、13名のアーチストに声を掛けて、『ドラえもん』と日本人アーチストのコラボレーションを、さらに展 開してみました。
ARでの体験も、できたら何箇所か用意したいなあ、と考えていたりします。 とにかく、是非とも、楽しんでください。

◎今回のメインビジュアルは、メインプログラムを担当するアーティスト村上隆さんのオリジナルビジュアルをベースに制作されました。村上さんが今回のモチーフに選んだ「ドラえもん」の周りに、村上さんの代表的なモチーフであるフラワーが配されています。今回のビジュアルに使用されているフラワーは六本木アートナイトにも参加するアーティストMADSAKI(マサキ)とのコラボレーションによるものです。ビジュアルの制作は日本を代表するデザイン・スタジオであるグルーヴィジョンズが担当しました。

ドラえもんチャンネル