ドラえもんチャンネル

2021.06.05放送
6/5(土)ごご5時からの『ドラえもん』は
「クロマキーでノビちゃんマン」
「タンポポ空を行く」
終了



巨大怪獣とバトル!?
「クロマキーでノビちゃんマン」

こう茶を飲んだ女の人が、風にふかれて空へとまい上がるテレビコマーシャルを見て、どうやって飛んでいるんだろう…とふしぎに思うのび太。それを聞いたドラえもんは、飛んでいるように見せているだけと答え、青や緑色をバックに撮影した映像を、別の景色と合わせる、“クロマキー合成”の説明をするが、のび太にはまったく理解できない。

そこで、『クロマキーセット』を取り出すドラえもん。『スパイ衛星』で撮影した外の風景を、モニターに映し出し、グリーンバックの前に立ったドラえもんをカメラで撮影してミキサーのスイッチをおしたところ、それぞれの映像がひとつの画面に重なり、ドラえもんが風景の中を飛んでいくように見えた!

さらには、モニターに映っていた外の風景の中に、モニターの映像と同じように空を飛ぶドラえもんのすがたが! カメラで映したものを実際に外の景色にはめこむことができるのだという。しくみがわかったのび太は、クロマキーセットを使って、ジャイアンとスネ夫をおどろかせようと考えるが…!?
(「クロマキーでノビちゃんマン」てんとう虫コミックス30巻より)



のび太のタンポポの感動ストーリー
「タンポポ空を行く」

部屋の本だなにおいてあった虫カゴの中に、タンポポのつぼみを見つけたドラえもん。タンポポの生命力に感心したドラえもんは、タンポポをすてにいこうとしたのび太に、自然の大切さを語るが、のび太には通じない…。

そこで、ポケットから『ファンタグラス』を取り出し、のび太にかける。すると、タンポポが泣いていたからビックリ! ところが、はずすと、ただのタンポポのまま…。ドラえもんによると、本当に泣いているわけではなく、このファンタグラスをかけると、植物も動物も人間のように見えるのだという。

タンポポを庭に植えかえてあげることにしたのび太。すると、ファンタグラスをかけているのび太には、タンポポの声も聞こえてきて…。さらに、植えかえたタンポポにお水をあげていたところ、ほかの草木の声も聞こえてきたため、のび太は庭の草木にも水をあげる。

さらには、近くのノラネコたちの声まで聞こえてくる。自分をバカにしたような物言いにおこり出すのび太。ドラえもんによると、自分が心の底で思っていることだというが…!?
(「タンポポ空を行く」てんとう虫コミックス18巻より)

ドラえもんチャンネル