のび太が新しい家族に加わった日を
描いた名作が3DCGアニメに
(『STAND BY ME ドラえもん 2』
より)

レコーディング時の印象的なエピソードは?

なかなか納得できるものができず、何回もレコーディングをやり直しました。最終的にAメロとBメロ、サビでレコーディングスタジオを変えたんです。音を録る環境によって、すごく派手に聴こえたり、ささやくように聴こえたりしたので。もちろん音響の違いもありますが、その空間にいるぼくの心理的な影響もあったと思います。例えば、Aメロは、なるべくやさしく訥々(とつとつ)と心情を歌いたかったから派手なスタジオではなく、いつもひゅーくんたちと曲を作ったり、デモを作ったりしているスタジオで、とか。そういう新しいチャレンジをして、こだわり抜いた曲です。

感動的な映画にしっかりリンク!

映画のエンディングで流れた『虹』を聴いたときのお気持ちは?

「大丈夫かな? ドラえもんの曲だぞ!?」という気持ちはずっとありましたし、何度もレコーディングにトライしたので、観る前はめちゃくちゃ不安でした。でも、実際に映画を観たら、自分が歌っていることを気にせず自然に聴けたので安心しました。映画の内容と歌詞がリンクしているなとか、やっぱりタイトルを『虹』にしてよかったなとか、夫婦や家族や友達のことをちゃんと普遍的にとらえられた曲になっているなとか、いろいろな思いがこみ上げてきました。

映画の感想は?

出だしの「おばあちゃんのおもいで」のエピソードから感動して泣きました。昔、まんがで読んだことのある大好きなエピソードですが、立体的でリアルな3DCG映像によって、人間味や気持ちの奥行がすごくダイレクトに伝わってきました。まるで生身の役者が演じているかのように、セリフが聞こえてくるほどの自然な映像が圧巻でした。みなさんも絶対に感動すると思います!

『STAND BY ME ドラえもん 2』は、
おばあちゃんにのび太の
およめさんを見せるため、
過去・現在・未来を
駆けめぐるSF大作
(『STAND BY ME ドラえもん 2』
より)

インタビューは後編に続きます。

「STAND BY ME ドラえもん 2」 主題歌『虹』
菅田将暉 スペシャルインタビュー TOPへ
菅田将暉さんのインタビューはマイファーストビッグスペシャル ドラえもんまんがセレクション STANDBYMEドラえもん2スペシャルでも読めるよ!詳しくはこちら!