ドラえもんはどこまで脱げる?
ドラえもんのひみつに迫る特集第3弾は、
文字通りドラえもんを丸裸にしちゃおう!という企画。
ドラえもんはどこまで脱ぐことができるのかを探ります!

ポケットはひみつ道具!

さて、ドラえもんの体で取り外せそうなところといえば?
そうそう、ポケットなら外せるはず。
ドラえもんのお腹についているポケットは
「四次元ポケット」というひみつ道具。
ドラえもんはときどき
ポケットを取り外して、洗濯することもあるのだ。
「ぼく、きれいずきだから」と言っている
が、
やっぱり道具の出し入れで汚れたりするということ?

(25巻 P26)

お腹といえば、実はドラえもんの
お腹の部分も取り外すことができる!

体調が悪いときなどは、
なんとお腹のフタを開けて内部をチェックするのだ。
このときはポケットを付けたまま
お腹のフタを外している。

(3巻 P94)
すずは交換されていた!

ドラえもんのすずは「ネコ集めすず」といって、
鳴らすとネコを呼び集めることができる特殊なもの。
このすずを、ネズミにくわえられて
天井裏に運ばれてしまったことがあった。
ドラえもんの耳をかじるだけでなく
すずまで盗むとは、やはりドラえもんにとって
ネズミは許せない存在だ。

(プラス6巻 P181)

「すず盗難事件」のように、
すずは付け外しすることが可能なパーツだ。
そんなすずだが、いつの間にかドラえもんは
小型カメラ内蔵の新型すずと交換していた!
アニマル惑星を訪れた際は、
カメラ付きのすずでアニマル惑星の
住人たちを撮影していたのだ。

(大長編ドラえもん 10巻 P38)
首輪は外れる?

すずが取り外し可能なのは確認できたが、
首輪はどうだろう?
ドラえもんの首輪はリングのような硬い素材なのか、
それとも犬猫の首輪のような柔らかい素材なのだろうか?
調査を進めていくと
ママに首根っこを掴まれた時、
首輪が思い切り伸びている瞬間をとらえた。
ドラえもんの首輪は多少伸び縮みするような材質らしい。

(31巻 P8)

ドラえもんが首輪を
完全に外している場面はないかと
調査を続行すると、こんな場面を発見!
ひみつ道具「友情カプセル」を
どこかに取り付けられたのではないかと
探す場面で、首輪を外していた。
ドラえもんの首輪はリングのように硬いものではなく、
バンド(ヒモ)のように外せるらしい。

ベルト穴は見えないが、マジックテープのように
くっつくのか、未来の素材で巻き付けると
一体化したりするのかなど詳細は不明だ。
なお、この時もすずまで外している。

(4巻 P95)
なんと、コレも外せた!?

さて、ここまでドラえもんの体で
外せそうなものを探ってきた。
ポケット、お腹のフタ、すず、首輪など、
およそ外せそうなところはチェックできた気がする。
しかし、実はまだ一カ所、
付け外しできるパーツがあったのだ。
それは、ヒゲ!
髪の毛を突き刺すと、その人そっくりに動き出す
粘土のロボット「ネンドロイド」という道具がある。
ドラえもんは髪の毛がないので、
代わりにヒゲを突き刺していたのだ。
てっきり顔の一部だと思ってきたヒゲが、
抜いたり戻したりできるものだったとはちょっと意外だ。

(35巻 P122)
番外

さてさて、「ドラえもんはどこまで脱げる?」
という疑問について、今回も調査範囲外ながら
興味深い調査結果があったのでご紹介しておこう。
なんとドラえもんが青い部分の「服」を脱いで、
お風呂に入っている姿が目撃されているのだ!

しかも「服」を脱いだドラえもんの体は真っ白で、
まるで雪ダルマみたい?
これはビックリ!

(大全集「大長編ドラえもん」5巻 P565)

しかしこれはあくまで
リレーまんがの流れの中で描かれた
ギャグなので、本気にしてはいけない。
ドラえもんの青い部分は
服ではないし、脱げません。


ちなみにドラえもんは
お風呂に入るときも泳ぐときも、
普段と変わらぬあの姿のまま水につかっている。
ポケット、すず、首輪、
もちろん服(笑)などは
わざわざ脱いでいないことを
報告しておきます。

四次元ポケットを洗濯!?「四次元ポケットにスペアがあったのだ」が掲載されているてんとう虫コミックスはこちら
ドラえもんのお腹をチェック!「ミチビキエンゼル」が掲載されているてんとう虫コミックスはこちら
新型!小型カメラ内蔵のすずって?「大長編ドラえもん 10 のび太とアニマル惑星」小学館コロコロ文庫はこちら
びっくり!?ヒゲは取り外し可能!「ネンドロイド」が掲載されているてんとう虫コミックスはこちら
雪ダルマ状態なドラえもん!!「藤子・F・不二雄大全集 大長編ドラえもん 5」はこちら

第4回は、9月25日(月)AM10:00ごろ公開予定です。