夏といえばフェスの季節!
人気アイドルはいつの時代も
子どもたちの人気者だ。
のび太たちの大好きな
アイドル
について探ってみた!

みんなに人気の女性アイドルトップ3!

のび太たちの間ではアイドルが大人気!
中でも人気が高いのが丸井マリだ。
特にドラえもんは密かに箱いっぱいに
ブロマイドを集めていたほどの
大大大ファン。

(8巻 P159「ぼく、マリちゃんだよ」)

近くの公園で丸井マリが
ロケをやっていると聞いた
ジャイアンとスネ夫が駆けつけ、
それをのび太が追い越し、
行ってみればしずかちゃんが
すでに現場にいる状態。
男女を問わず人気が高いアイドルなのだ。

(8巻 P160「ぼく、マリちゃんだよ」)

アイドル女優の星野スミレ
みんなからの支持が高い。

(15巻 P66「オールマイティーパス」)

週刊誌で新しいゴシップ記事が
報じられるたびに
話題にされ、みんなの関心の的だ。

(19巻 P125「影とりプロジェクター」)

若手アイドルの中では
伊藤翼の人気が抜きん出ている。
誕生パーティーに呼ばれたという
スネ夫の話(実はウソ)に、
うらやましさのあまり
3人とも口をあんぐり
と空けている。

(29巻 P170「翼ちゃんがうちへきた」)

ちなみにこの時は「伊東翼」だが、
「伊藤翼」だったり
「伊藤つばさ」だったりするので、
芸名の表記を変えたのかもしれない。

丸井マリ星野スミレ伊藤翼の3人は
男女の区別なくみんなから
好かれているようで、
女性アイドルの3トップといえる。

とりわけ猛烈な反応を見せるのは
やはりドラえもんで、
丸井マリのことを冗談半分で
ちょっと悪く言う
のび太の首を絞めたり、

(8巻 P159「ぼく、マリちゃんだよ」)

星野スミレのゴシップに憤慨したり、

(19巻 P127「影とりプロジェクター」)

翼の誕生パーティーに呼ばれたという
スネ夫のウソ話を本気で
うらやましがったり
と、
なにかとエキサイトする姿を見せている。

(29巻 P171「翼ちゃんがうちへきた」)

スネ夫は伊藤翼のファンクラブに
入会
して全国大会に出席したり、

(33巻 P15「フィーバー!! ジャイアンF・C」)

つばさちゃんへのホットなレター
コンクールで
優勝
してサイン入りパネルをもらったり、

(35巻 P95「ジャイアンへのホットなレター」)

ファンクラブの幹部になって
会の運営に携わったりと、
翼マニアとしての活動を
活発化している。

(35巻 P95「ジャイアンへのホットなレター」)

ここで
意外な反応を見せるのがジャイアンだ。
当初はみんなと一緒に
伊藤翼を好きだったジャイアンだが、

(29巻 P170「翼ちゃんがうちへきた」)

熱烈なファンを獲得している
翼に対してメラメラと対抗心を燃やし、
嫉妬の炎に包まれたのだ。

(33巻 P16「フィーバー!! ジャイアンF・C」)

翼が歌手ならおれも歌手!」と
身を震わせながら悔しがるジャイアン。
そんなにも!
ジャイアンは職業意識(?)の高い
歌手だったのだ。

また、強いものに憧れるジャイアンは、
アクションスター千葉県一の
大ファン
でもある。
千葉県一に会わせてもらった時は、
けんかの勝ち方を教わろうとして
ボロボロになりながらも感激している。

(29巻 P178〜179「翼ちゃんがうちへきた」)

のび太が一番好きなのは、
歌手の川合可愛ちゃん。
ひみつ道具を使って可愛ちゃんと話せた
のび太は目をハートにして
しあわせ〜」と
デレデレしている。

丸井マリ、星野スミレ、伊藤翼と
会った時もここまで骨抜きに
なっていなかったので、
可愛ちゃんは特別な存在なようだ。

(プラス5巻 P118「架空通話アダプター」)
しずかちゃんが好きな男性アイドルの共通項とは!?


男子たちの好みを中心に見てきたが、
実はしずかちゃんもなかなか
キョーレツなアイドル好きだ。

実在のアイドルで
しずかちゃんが好きなのは郷ひろみ。

頬を赤く染めながら
一度話してみたいと語り、
ひみつ道具の力で
電話越しに会話できた後は
頬杖をついて「ゆめみたい」と
感激に浸っている。

(1巻 P160〜161「○○が××と△△する」)

人気絶頂のタレント、
田野金平に会ってサインをもらった時は
大事そうにサインを抱きしめ、
軽く飛び跳ねる喜びようを見せた。

(25巻 P33「四次元ポケットにスペアがあったのだ」)

アイドル歌手の
田原のトンちゃんについては
自ら大ファンを名乗り、
珍しく自分からのび太に
あわせてとお願いし、
断られると「メソ……」と涙ぐんでいる。
結局ひみつ道具を使って
トンちゃんに会う夢が叶い、
「顔みてるだけで、しあわせ…」と
幸せそうな顔を見せている。

(29巻 P176〜177「翼ちゃんがうちへきた」)

トンちゃんと会えて
満足していたしずかちゃんだが、
やはり要求はエスカレートするもので、
しばらくすると「トンちゃんにあって、
サインもらって、握手できますように

と願うようになっていた。

(36巻 P109「神さまごっこ」)

これらのアイドルを見ていると
ある共通点に気づく。
しずかちゃんは髪型がちょっとモサッとした
アイドルが好き
なようなのだ。

そんなモサッ型のアイドルの中で、
なんといっても
しずかちゃんが一番好きなのは、
人気歌手の西条ひろみだろう。
公園にロケに来ているひろみを見た
しずかちゃんは、感激のあまり
平静さを失ってしまう。

のび太の胸倉をつかみながら
「ね! ね! のびちゃん」なんて呼びかけ、
涙を流してブルブルと震えながら
心の底からジーンとなるわ。ウキーッ」と
叫んで大コーフン!

普段のしずかちゃんからは想像もつかない
取り乱しようだ。

(9巻 P14「ジ〜ンと感動する話」)

好きなアイドルのことになると
カッとなるドラえもんと、
ついつい取り乱してしまうしずかちゃん。
意外な二人が
挙動不審になってしまうのだ。

「ドラチャン てんコミ探偵団」に掲載された
エピソードを探してね。
てんとう虫コミックス「ドラえもん」の
購入はこちらから
てんとう虫コミックス
ドラえもんオールラインナップ ホームページ