ドラえもんチャンネル

タイム風呂敷
2017.10.20放送〜
TVアニメ「ドラえもん」にミニコーナーが登場!!
ドラえもん&のび太が”
クイズ王”に挑戦!?
『宝島クイズ』コーナー
10/20スタート!!


2018年3月公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』にちなんだミニコーナー、『宝島クイズ』コーナーが10月20日(金)放送からスタート!!6週連続でオンエアします!!
映画に登場するオウム型ロボット“クイズ”(声・悠木碧)と、その仲間として“フルカワクン”が登場。2人が、ドラえもん&のび太にクイズを出題します!
フルカワクンの正体は、数々のクイズ大会で優勝し、“クイズ王”の名をほしいままにする、クイズ作家・古川洋平さん。 古川さんは『映画ドラえもん のび太の宝島』でクイズ監修を担当しています。そして今回地上波にてスタートするクイズコーナーで披露されるクイズも、すべて古川さんの監修。子どもから大人まで楽しめる問題ばかりなので、ファミリーで盛り上がれること間違いなしです!

■悠木碧(オウム型ロボット・クイズ役)コメント
――『映画ドラえもん のび太の宝島』のオウム型ロボット・クイズ役のオファーを受けた感想は?
「ドラえもんに参加できることがとても嬉しかったです!オーディションを受けた時から、クイズが一番のお気に入りだったので、一層ハッピーでした!」
――クイズコーナーに出演した感想は?
「子どもの頃クイズの本を読みながら友達と盛り上がった時のことを思い出しました。とても楽しかったです!」
――普段からクイズは得意ですか?
「ものすごく苦手です…(笑)」
――映画出演への意気込みを!
「クイズとして精一杯、映画を盛り上げられるように頑張ります! よろしくお願いします!」
――『ドラえもん』という作品への思いを教えて下さい!
「ドラえもんは知らない人のいないアニメーションです。流行りなど関係なく、もはや文化の一部だと思います。この先も伝統、文化として、ドラえもんが末永く受け継がれていく…そんな一端を担えたことを嬉しく思います。」

古川洋平(フルカワクン、クイズ監修)コメント
――『ドラえもん』で紹介するクイズを考えるにあたって、普段と違う工夫などは?
「お子さんはもちろんの事、そのお父さん、お母さんや、往年のドラえもんファンまで幅広く見て頂ける作品だと思うので、“広い世代が一緒に考えられる”クイズになるように考えました」
――クイズコーナーに出演した感想は?
「人生初のかぶりもので(笑)僕もオウム型ロボットになれました! 子どもの頃から大好きだったドラちゃん、のび太くんにクイズを出せたことは、本当に良い思い出です」
――『映画ドラえもん のび太の宝島』のみどころは?
「子どもの頃、誰でも夢を見たことがある“宝島”の冒険。今回はクイズが一つの鍵となって物語が進みます。ストーリーを楽しみながら、ドラちゃんやのび太くんと共にクイズを解くことで、一緒に冒険に参加してもらえたらうれしいです」
――『ドラえもん』に関する思い出や、ほしいひみつ道具は?
「小学生の時、『ドラえもん』が大好きすぎて、友達に“ドラえもん”というあだ名で呼ばれていました(笑)。ほしい道具はタイムマシン。偉人のクイズを作る時に、本人に直接インタビューしたい!」

<古川洋平プロフィール>
1983年9月13日生まれ。宮城県出身。クイズ作家。 高校時代に『パネルクイズ アタック25』『タイムショック21』で優勝。 大学時代には、学生No1決定戦『abc』で三連覇を達成した。 現在は、バラエティ番組などへの問題提供のほか、イベント企画者、司会者としても活躍。 クイズ制作集団カプリティオ(http://capriccio.tokyo/)の代表も務める。

タイム風呂敷